採用情報
はこちら

法人概要

基本理念

共感と共生

社会福祉法人杏福会の基本理念は、社会的に援護を要する人々をささえ、その尊厳を守る社会の仕組みをつくること、又、要援護者を受容し、共感し、共生する人々を広め、博愛の福祉社会を築くことです。

杏仁・杏林の故事

中国・呉の董奉という仁医は、貧乏人からは代金を受け取らず、財力ある患者から診療代のかわりにあんずの株を植えさせました。やがて医者の家の回りはあんずの林ができ、医者はあんずの種子を薬として使用したそうです。この故事からあんずの種の 核のことを「 杏仁」また医者の尊称を「杏林」と呼ぶようです。

マスコット

<br />
<b>Warning</b>:  Use of undefined constant マスコットのフクロウ - assumed 'マスコットのフクロウ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in <b>/home/nhp/www/_kyoufukukai.or.jp/wp/wp-content/themes/nm_kyoufukukai.or.jp/page-corporate.php</b> on line <b>60</b><br />
マスコットのフクロウ

マスコットである「フクロウ」は、「不苦労」と「福朗」いうことから縁起の良い鳥とされていますが、夜中じゅう病人を見守る森のお医者さんとしても親しまれており、本法人の介護姿勢を象徴しています。

理事長挨拶

理事長
理念:共感と共生
社会福祉法人杏福会
理事長 小出 義信

巨大地震、記録的な豪雨が引き起こす水害や土石流災害、逆走する台風、そして長期間の猛暑による熱中症被害など、近年の地球は壊れてきたかのようです。これらの自然災害の被害は甚大で、私たちのような入所施設も大きな被害を被っています。

私たちは介護の質の確保・向上に努めなければなりませんが、それ以上に入居者様の安全の確保を確実にしなければなりません。真福の郷の施設はもちろん国の安全基準を満たしていますが、「想定外」「記録的な」災害が頻発している今、改めて休日や夜間の対応策など防災計画の見直しを進めたいと考えています。

さて、私たちには誰でもご先祖様があります。親があってこそ私たちの今があることをしみじみ理解したいものです。そんな気持ちを胸に抱いて触れ合う時間を出来る限り多くしていただくようお願いいたします。それはお年寄りたちにとって何よりの喜びになることと思います。

法人について

  • 法人名
    社会福祉法人 杏福会(きょうふくかい)
  • 理事長
    小出 義信
  • 住所
    444-2106
    愛知県岡崎市真福寺町字神田100-1
  • 認可年月日
    平成16年7月2日
  • 法人番号
    5180305001092
  • 事業内容
    特別養護老人ホーム真福の郷
    ショートステイ真福の郷
    デイサービスセンター真福の郷
    ケアプランセンター真福の郷
    ケアプランセンター竜美
    あんず訪問看護ステーション竜美
    竜美地域包括支援センター
    真福地域包括支援センター
  • 電話番号
    0564-66-2212